音楽漬け

昨日は我がオーケストラ大阪交響楽団と、その本拠地である堺市との合同企画で、1日どっぷりと音楽に浸かっていました。

堺市の会場(同じ建物内にいくつかの会場がありました)でいくつものイヴェント(コンサートなど)があり、お客さんと一緒にいろいろな時代の音楽を楽しみ、学んでいただきました。

 

僕の出番は最後のコンサートのみだったのですが、GP(ゲネプロ=通しリハーサル)の終了時間から開演時間まで約5時間の空き時間が・・・。

「待つ」というのもかなり大変なんですよねぇ。

 

でも、昨日は妻のAiが聴きに来てくれていたので、出番まではほかのコンサートをいろいろと一緒に聴きました。

普段あまり耳にする機会がないコントラバス協奏曲やピッコロ協奏曲などを生で聴くこともできたし、いろいろと勉強になることもあって楽しめました〜!! :D

Hornの青木くん、Mozartの協奏曲とナチュラルホルンでのデモンストレーション、Bravoでした〜!!

 

 

今回、いろいろな曲を抜粋で演奏したのですが、その中でAlto Tromboneで普段吹いている曲もあったので、僕は2本を持ち替えながらの演奏となりました。

音域だけじゃない理由で持ち替えているので、そのあたりはあまり簡単に妥協したくはないんですよね。 ;)

 

 

プログラムの中には、Berliozの「幻想交響曲」がありました(ほんの少しの抜粋でしたが)。

 

実はこの曲、僕とAiは中学生の頃に吹奏楽コンクールで一緒に演奏しているんです! :D

4月ころから10月末(一緒に普門館で演奏しました!)まで、約半年みっちりとやった幻想交響曲の第5楽章(練習では4楽章もやりましたが、カットの関係でコンクールでは5楽章のみでした)を初めてオーケストラで生で聴いて、Aiも満足してくれていました。 :)

 

そのときにスコアの見方(読み方)を知りましたし、1つの曲にいろいろな演奏方法があり(7、8種類の解釈の違う演奏のCDをカセット・テープにコピーしてくれました。・・・カセット・テープ。笑)、そのどれもが正解だという音楽の世界のことを顧問の先生から教えていただきました。

あのとき、自分たちの演奏する吹奏楽に編曲されたもののスコアと、オーケストラのスコアの両方を部員全員に配ってくれた顧問の先生には本当に感謝です。

あのときには気づかなかったけど、本当にいい勉強をさせていただきました。 :)

 

そして、同じくプログラムにはWagnerの「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」もありました。

この曲も、(僕とAiには直接関係ないのですが)中学校の僕の3つ上の先輩が吹奏楽コンクールで演奏した曲なんです。 :)

なんだか中学校時代につながる曲が2曲もあって、感慨深いプログラムとなっていました。 ;)

 

 

長〜い1日だったので、途中休憩にケーキを食べたりもして、少しデート気分も味わえました。 :)

 

 

帰りはヘットヘトになっていましたが、充実感もありましたよ。

今日は1日休んで、また明日からガッツリとがんばります!! :)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

JUGEM PLUS

PCとかよくわかんない…そんなあなたも簡単にブログが作れます!【JUGEM PLUS

楽天

ショップサーブ

selected entries

recent comment

profile

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

フルザック